2020年夏アニメ「GREAT PRETENDER」がNetflixにて独占先行配信開始!
ネタバレ・感想レビューしていきます。
※ネタバレご注意ください※

CASE3-3『Snow of London』
真人は、シンシアがよく知るトーマスという贋作(がんさく)画家を訪れ、”ロンドンの雪”の偽物を描くよう依頼。ローランとアビーは計画を進める。
出典:Netflix
「GREAT PRETENDER」配信ページ
経緯:2人の別れの真相
考察①キャンディの缶
考察②街灯と時計



【経緯:2人の別れの真相

シンシアとトーマスがすれ違いはじめたのは、コールマンがトーマスを贋作の道へ導いたことがきっかけでした。
描いても描いても絵は売れず、豆の缶詰で腹を満たす生活を送っていたトーマスにとって、たとえ贋作であっても自分を評価し必要としてくれるコールマンはパトロンのような存在だったのでしょう。しかしそんな彼の”成功”をシンシアは喜べなかった。彼はもう、シンシアの愛したトーマスではなくなったようでした。


考察①キャンディの缶
真人が冷蔵庫の中のキャンディ缶を開けようとすると、シンシアは「賞味期限切れてるわ」と言って缶を奪います。実は缶の中身はキャンディではなく、かつてトーマスがシンシアに贈った指輪の絵だったのです。
➡️賞味期限が切れているのはキャンディではなく指輪=2人の愛
しかしシンシアはそれを今も大切に持ち続け、さらに冷蔵庫に入れてまた食べられるようにしていることから、2人の愛の物語は今からでもまた始められることを示唆しています。


考察②街灯と時計
トーマスが再び筆をとった瞬間、一斉に街灯がともります。
街灯は”ロンドンの雪”にも描かれており、灯りがともる描写は
・トーマスが”ロンドンの雪”に命を吹き込む様子
・トーマスが彼自身に再び”絵を描く”という心の灯(あかり)を与える様子
を効果的に表しています。

さらにトーマスが筆を進める最中、ロンドンの象徴「ビック・ベン」の描写があり、これ(時計)はシンシアとトーマスの止まった時間が再び動き出すことを暗喩しています。
①で冷蔵庫に入れられた2人の愛の時間が、ゆっくりと動き出す描写です。



唯一気になったのはラストシーン。
真人がシンシアに「トーマスはこの絵をシンシアのために描いたこと」、「トーマスもシンシアもきっとあの頃のままだということ」を伝えるセリフがあります。
しかしこれらは既に考察①と②の描写の中で十分に伝えられているので、
わざわざセリフ(言葉)にしなくてもよかった気がします。せっかく良い描写なので言葉にしてしまうのがもったいない。
さて次回はいよいよ『Snow of London』最終回。シンシアとトーマスの今後が気になります。

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX
ポニーキャニオン
2018-09-19