第8話「おれたちの下書き」「残念記念組」
〜「平凡な未来予想図(仮)」にまつわる対比と考察〜
後藤家の子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名をつけることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で子犬の名前を決める。笑顔で「最初から名前はついてた!」という姫に、可久士は首をかしげる。数日後、トラブルメーカーの十丸院が仕事場に飛び込んでくるなり、「週刊少年マンガジンの創刊38周年祝い」と声を張り上げるが、もっと大事な記念日を忘れていたことが発覚する。
【平凡な未来予想図(仮)】
可久士が鎌倉の家に戒潟が描いた絵を返しに行くと、そこにはもう一枚の絵「平凡な未来予想図(仮)」があった。
その絵には、可久士・姫の母・姫の3人がカレーを食べる姿が描かれていた。

👉描いたのは誰?
戒潟魁吏が描いたと思い込んでしまいそうですが、「平凡な未来予想図(仮)」というタイトルの文字は女性のものらしい。さらに、これまで姫が箱から取り出して使っていたレシピノートの文字や、可久士が30代箱から取り出した「お祝い事の手引き」の文字にも似ていることから、おそらく描いたのは姫の母親だとわかります。


👉現実との対比シーン
「平凡な未来予想図(仮)」に描かれたカレーを食べる3人と対比するように、姫が可久士に誕生日会の話をするシーンでは、カレーを食べている可久士・姫そしてロクの3人が描かれています。

平凡な未来予想図(仮)➡️可久士・姫の母・姫(カレーを食べる)
現実➡️可久士・姫・ロク(カレーを食べる)

「平凡な未来予想図(仮)」の通りにはならなかったけれど、カレーを囲む現実の3人が不幸だとは決して言えない。今ここにある幸せを感じ取って生きていく可久士たちなのでした。



【サブタイトル元ネタ】

「おれたちの下書き」➡️「おれたちの頂」


「おれたちの頂」は塀内夏子先生による青春登山漫画。


「残念記念組」➡️「3年奇面組」


「3年奇面組」は新沢基栄先生による漫画作品。
ちなみに「ハイスクール!奇面組」は「3年奇面組」において中学生だった主人公の高校進学に伴ってタイトル変更したもの。


【発表!ロクの声!】
ついにロクの声が発表されました!

花江さんでしたww犬らしくない犬の声での表現、すごいです。

かくしごと Blu-ray 1
エイベックス・ピクチャーズ
2020-06-26