第4話「ムカついてランディング」
〜空と海の深い青は仲直りのしるし〜

江の島で「元祖しらす亭」を営む夏樹の家は、皆仲良し。だが一人、当の夏樹だけはその輪から外れてしまっているようだ。それをなんとなく感じとったハルは、ある行動に出るが……。
出典:TVアニメ「つり球」公式サイト
祖母ケイトが入院し、ハルと2人暮らしになったユキ。
ハルは家事を手伝おうとするが、皿は割るし洗濯はできないしで余計な手間が増えるばかり。
しかも知らない間に夏樹の家族と仲良くなっていて、空気を読まず気ままに振る舞う。
そんなハルにたじたじのユキだった。

【海釣りの心得】
エノ!シマ!ドーン!をマスターし、ようやく海での実践を許されたユキとハル。
初めての海で、夏樹は2人にアドバイスする。

①ただ釣れればいいってもんじゃない。自分で考えて、自分の手で釣り上げるんだ。
②想像する。水の中のルアーが今どこを動いてるか。魚が見てどう感じるか。
③相手は思い通りにはならない。よく見るんだ。

このアドバイスは釣りに関するものでありながら、実はコミュニケーションが苦手なユキと、人間の気持ちがわからないハルへの対人関係のアドバイスにもなっている。


そんな中、ハルは夏樹に父親も釣りに誘うようお願いする。しかし父親とは口をきかない夏樹がそんなお願いを聞くはずはなかった。
しかし翌朝、海には父親と並んで釣りをする夏樹の姿が。思わず目を疑うユキ。
実は、ハルが例の水鉄砲を使って2人を連れ出していたのだ。約束を破り、人間の気持ちを無視して水鉄砲を使ったハルに、ユキはこれまで以上に怒る。

悪気はなく、ただ夏樹と父親に仲良くして欲しかったハル。
そんなハルに苛立ちながらも、少しずつ自分の感情を表に出すことを覚えてきたユキ。

その夜。溶け合うように深い青に染まった空と海の中で、ハルとユキは仲直りするのだった。

つり球 Blu-ray Disc BOX (完全生産限定版)
加藤英美里
アニプレックス
2020-04-01