2020年1月〜放送開始
TVアニメ「ソマリと森の神様」
 

地上は「異形」と呼ばれる種族たちが支配する世界。人間は迫害され、絶滅の危機に瀕している。
そんなある日、森の番人である「ゴーレム」と、人間の少女「ソマリ」が出会う。
滅びゆく種族「人間」と森の番人ゴーレムの父娘の絆を綴った旅の記憶。
       出典:TVアニメ「ソマリと森の神様」公式サイト

第1話『旅する親子』あらすじ
 森の番人ゴーレムは偶然、人間の少女ソマリを見つけます。ソマリはなぜかゴーレムを「おとうさん」と呼びました。
 ソマリの本当の両親を探すため、ふたりは旅に出ます。ソマリが人間であることがバレると異形に命を狙われるため、ソマリにミノタウロスの被り物をさせて歩くゴーレム。そんなゴーレムの心配をよそに、幼いソマリは好奇心いっぱい、すぐにどこかへ消えてしまって…。



POINTゴーレムとは?
 森を守護し、存続させるために存在し、食物連鎖に関与しない。
 日光と水と酸素があれば活動可能。
 感情は理解できないが、行動を分析して予測する。



感想
 率直に言って快作の予感!!!
 本当の親子ではないふたりが手探りで父娘になっていく様子が、1話から鮮やかに描かれています。
 感情を理解しないゴーレムと、無邪気で好奇心いっぱいのソマリのコントラストが抜群で、いつの間にかふたりを応援したくなる。今後の展開も非常に楽しみです!
 そして…ソマリ役の水瀬いのりさんが最高です!!今、無邪気な女の子役をやらせたら右に出るものはないんじゃないでしょうか??
 とにかく1話から満足度高い作品でした。