こんばんは

3連休いかがお過ごしですか?

わたしは最近仕事で落ち込むことがあったりして、ちょっとしんみりした気持ちでこの記事を書いています( ◜◡◝ )


今日は、わたしがアニメを好きになったきっかけについて。

もう10年以上前、とあるアニメのワンフレーズで、恋に落ちるようにアニメを好きになりました。段々なんとなく見るようになったとかじゃなく、本当にそのワンフレーズがきっかけでした。


そのワンフレーズとは…



「らきすた」より

こなた「チョココロネってどこから食べる?」


です!!!!!

このセリフを聞いたとき、

「ここに私と同じ様なことで悩んでる子達がいる」
「私はここにいていいんだ、ここは私の居場所なんだ」

と直感的に思いました。

チョココロネをどこから食べるかなんて殆どの人にとってくだらない事かもしれないけれど、少なくとも当時の私にとっては重要で、でもそんなこと誰にも言えなくて。
だから、同じような取るに足らないことを考えているこなたの存在に、自分の居場所を見つけて、救われたんだと思います。

それ以来、アニメはいつも、私の「もう一つの心の居場所」を提供し続けてくれています。


本当に、何かを好きになるきっかけなんていつどこに転がってるかわかりませんね。


みなさんにも、思い出の作品はありますか?