ストーリーは別として、海外が舞台の国産アニメにありがちなこと……

外国人が日本人に見えちゃうw

全編日本語の影響もあると思うけど、スーツの着こなしからして日本人なんだよなぁ。

そのへんBANANA FISHは上手いことやってたなぁ。



ところで、このアニメの企画・プロデュースをされている 山本幸治 さんってご存知ですか?

アニメ好きならよくよーーーく目にするお名前ですよね。

もともとはフジテレビの著作権部に所属していたが、「アニメをやりたい」と言う思いから、オリジナル企画案を提案するなど局の上層部とやり取りを行っていたと言う。

フジテレビ系列で放送されたテレビアニメレジェンズ 甦る竜王伝説』でアシスタントを担当した後、2005年に同局にて放送を開始した深夜アニメ枠『ノイタミナ』設立当初から関わり、後にチーフプロデューサーに就任(“ 編集長 ”という肩書で紹介されることも多い)、ほぼ10年フジテレビ社員の立場からノイタミナに関わった。

局内におけるアニメ部門の地位の低さや無料広告放送と言うビジネスモデル依存体質などに対する限界を感じ、ノイタミナが10周年を迎えた2014年9月を節目としてフジテレビを退職、同年10月にコンテンツ企画会社「ツインエンジン」を設立、代表取締役に就任した。

  (引用ウィキペディアより)


要約すると、
もともとフジテレビにいてノイタミナ設立から関わり、退社してツインエンジンを起業。
っていう、アニメファンにとって非常にありがた〜〜いお方です!笑

  
近年だとPSYCHO-PASS、ゴールデンカムイ、どろろ…名作揃いですね。

アニメを選ぶ際、製作がツインエンジンだったらとりあえず見ようってなってますね最近は。

こんな風に、製作会社やスタッフの方に注目するのもアニメの楽しみの一つです